読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ローカル列車で日本酒旅 乗り飲み日記

基本は飲んだ酒の備忘録、たまに旅行記。

【No.52】千歳鶴 純米しぼりたて生 うすにごり

f:id:yagi_sake:20170328212913j:plain

銘柄読み

ちとせつる

酒蔵名

日本清酒株式会社(北海道札幌市)

詳細情報

地元札幌の地酒・千歳鶴。蔵元にある「酒ミュージアム」に初めて行って買ってきたもの。

酒蔵訪問記 日本清酒株式会社(北海道札幌市/2017.03) - ローカル列車で日本酒旅 乗り飲み日記
蔵元限定の酒もあったが、生酒にこだわってこれを選んだ。
ミュージアムを後にしてその足で向かったデパートで、同じものが売っててガックリではあったのだが…w

味について

試飲したときは辛さがあって飲みにくかった。(それでも買った)
しかし、いざ開けてみるとそうでもなく、辛さはあるのだが甘さもあってこりゃうまい。微発泡感もある。
振らずに濁ってない部分を飲むと、辛くて飲みにくかった。試飲したときは振り方が足りなかったのかな。
濁り系を初めて燗にしたが、まあまあいける。度数が高いのでちょっと辛いかな。冷やした方が甘みが程よくて美味い。
いやはや、千歳鶴いいね。女性杜氏に変わったからか、飲んでないだけで元々良かったのか…。

スペック

精米歩合:65% / アルコール度数:17~18度
北海道産米100%

お気に入り度

★★★★☆

価格

720ml 1296円

購入場所

日本清酒株式会社 直売(千歳鶴 酒ミュージアム

f:id:yagi_sake:20170328212927j:plain

そういや、濁り系を家で飲むの自体初めてな気がする。